PCのファイルを整理していて考えたこととか

ちょこっとだけPCのファイル整理をしていて、昔書き散らした文章などが出てきて、当時のことを思い出したりしました。

ぼくは人と比べて繊細なところがあり、人に言われたこと等ですぐ傷つき、落ち込み、自分の殻に閉じこもったりしますが、昔のぼくはもっとでしたね。

昔に比べて生きづらさもだいぶ緩和されているのですが、半面寂しく感じるところがあります。
繊細さはぼくの持ち味であり、ポテンシャルであると思うからです。
なんのポテンシャルかというと、まあ芸術的であったり純文学的であったりする部分ですよね。

しっかし当時の書き散らし、もうひどいです。
小説書きたいとか思っていましたが、そもそも文章が下手くそですよね。

でも、不思議といとおしい気がしてきます。
誰に向けた文章でなくとも、自分が必死にもがいて生み出したものということで、なんとなく大切にしてやりたいという気持ちがあるわけです。
気持ちの悪い自己愛です。

以前いくつかブログをやってみたりもしました。
匿名でやっていたものの、不特定多数の人に自分の文章が読まれること、そして批判される可能性があることが恐ろしく、全然読み手に向けて書かれた文章ではなかったですね。

ぼくは承認欲求が強い以上に、人から否定されることを恐れるあまり、インターネット上に自分をさらすことを必要以上に恐れていました。
なのに、何故ブログをやっていたかというと、やはり自分のポテンシャルを信じたかったのでしょうね。
書いているうちに何か自分の創作への糸口になるんじゃないか、だれかぼくのことを理解してくれる人に巡り合うきっかけになるんじゃないかと思っていたんだと思います。
そしてそれが、何かしら収入につながればいいなと淡く期待していたんだと思います。

何だ、何も変わっていないじゃないか。
ある意味、安心ですね。

今の時点でこのブログ、匿名というかプロフィールすらない状態です。

このブログのコンセプト自体、「自己紹介」なところがあります。
基本的な自分の身の回りのことや考えていることなんかを掲載していますので。

しかし、プロフィールとか載せるべきか否かうっすらと悩んでいます。
ブログはテーマが大切であって、そのテーマがぼくについてなのに、もっとタレント性を売りださなきゃいけないはずなのに、ぼくについてわかりやすい紹介がないのは問題なのかもしれないと思ったりしますね。
載せるべきプロフィールをどうするかです、問題は。

まず本名や顔を出すべきかということ。
ある程度、ぼくについて前情報があった方が、読んでくれる方としては面白いんでしょうかね。

個人情報の保護の重要性について謳われてひさしいですが、これも一過性のもので、或いはそんなことは気にしなくなる時代になっていくのかもしれません。

ここ数年、どんなに格好つけても、つっぱっても、どう転んでも結局は「ぼくはぼく」だと考えるようになりました。
ぼくのいいところ悪いところ、美しいところ、醜いところ、平凡なところ、変わっているところ、全部ひっくるめてぼくです。

昔は批判を異常に恐れていて、今もまあそうですが、ネット上に本名や顔をさらして、その可能性を高めることとなっても、まあ素直に傷ついたらいいかななんて思ったりします。
本名や顔をさらした方が、発言に重みが出ますよね。
説得力が増します。
何より潔いですよね。

そして、シンプルになりますね。身バレを恐れて書く内容に制限が生まれることもなくなります。
これが一番のメリットかもしれません。

デメリットというと、何でしょう。
あまり深くは考えていませんが、人の悪口を言えなくなることですかね。
いえ、なにも匿名であってもあまり、積極的に悪口を言ったりしたいわけではないですけどね。

いま本名、顔をさらしていない一番の理由は、妻に迷惑がかかる可能性があるからですね。
しばらくは今のまま様子を見ようと思います。

ぼくのことをもっと知りたいという奇異な方は、このブログ全体にわたってぼくの自己紹介みたいなものなので、全ページじっくり読んでくださいね。

なんか、自分語りばっかりでよくわからない記事になってしまいました。
いつもですか?

でもこれからももっともっと自分語りしていきたいと思います。
もちろん読んでくれる方にとっても面白く有用な情報も発信したいと思っていますので、今後ともどうかよろしくお願いします(何のまとめだか)。

ブログランキング

ブログランキングサイト参加中。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)