骨盤内疼痛症候群と診断されました。 | 日々、暮らしています。

骨盤内疼痛症候群と診断されました。


5月か6月ごろから、その、睾丸、所謂キンタマが痛いんですよね。
タマから下腹部にかけて鈍痛や違和感があるんです。

ほっときゃいつのまにかその痛みもなくなっているだろうと考えていたんですが、2か月も続いてるんで、これはなんかまずいやつかもしれないってことで、病院に行ってきました。
泌尿器科でちんこを出してきました。

「尿も異常なしで、タマも腫れていません。」
そこで、タマと肛門の間あたりを指で強く押し込まれて、「これも痛いですよね?これも痛いですよね?」ってやられました。
そんなところ強く押したことないですが、あんなの誰だって痛いんじゃないでしょうか……。

結果、「骨盤内疼痛症候群」と診断されました。
なんか「症候群」と聞いたとたんに、ああ原因がなんだかよくわからない症状に対してつけた名前だなと直感したのですが、あながち間違いではない気がしています。

デスクワークだとか運動不足だとかが原因だといわれたのですが、おそらくこれも以前このブログにも書いたTMSなのではないかと思います。
ストレスが原因です。
実際ストレスが原因の一つであると指摘しているサイトもありました。

ストレスを自覚できない人が病を患うと思うのですが、ぼくにも自覚していないストレスがあるんでしょうか。
些細なことで傷ついてしまうようなデリケートのぼくですので、あらゆるストレスを自覚しているつもりなんですけどね。

ほっといてもいい病気だといわれましたが、この痛みや不快感をすぐに何とかできる類ではないんでしょうね。
とりあえず漢方薬を処方されたので飲んでいます。
「ツムラ竜胆瀉肝湯エキス顆粒」という薬です。
甘くってえぐくって飲みにくいです。

昨日今日はほとんど痛みはないので、順調に治ってきているのでしょうか。
ちょっと、場所が場所だけに嫌ですよね。

タマが痛いなんて言ったら、どっかで変な病気もらってきたの?なんて思われかねませんしね。
TMSを知っているぼくは有利です。きっと治ると思っています。

ブログランキング

ブログランキングサイト参加中。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)