激辛好きのぼくが「サッポロ一番 宮崎 旨辛麺」をたべたよ

ぼくの住むところでは暴風雨も今朝あがり、久しぶりに晴れ間が見えました。

妻は電車のダイヤの乱れで仕事のシフトが狂って面倒くさいことになっていたようですが。

さて、今日のお昼に先日ロピアで購入した「サッポロ一番 ご当地マシマシ 辛すぎて旨い 宮崎 旨辛麺」をいただきました。

宮崎のご当地ラーメンなんでしょうか。
ぼくはこのラーメンの存在を知りませんでしたが「辛さ強め」「辛すぎて」と言っているところからもなんだか期待できますね。

「ご当地マシマシ」の「マシマシ」って部分もラーメン二郎的なジャンクなイメージを連想させます。

蓋の上に外付けで特製スパイスがついています。
辛いのがお好みなので迷わず全投入ですよ。

原材料はこんな感じ。
ポークエキスの出汁に野菜エキスとカツオエキスを合わせた感じなんですかね。

開けたらこんな感じ。
肉そぼろみたいなものとねぎ、黄色い天かすみたいなものはかきたまになるんでしょうか。

熱湯3分でこんな感じ。
たまごふんわりでおいしそうですね。

迷わず、スパイスをイン!

悪い色しています。
これは期待していいやつなのか!?

早速いただきましょう。

麺は中太縮れ麺。
つるつるで少し弾力があります。おいしい。

スープは想像よりすっきりさっぱり醤油の感じです。
そこにニンニクの風味がプラスされて、おいしい。

辛味はどっしりガツンと来る辛味というよりは、口の中をちくちく刺してくる辛味って感じですかね。

やばいくらいの辛さではないです。蒙古タンメン中本のカップ麺くらいかな?

辛旨には違いないですが、旨いものに辛味を足している感じというか、辛さと旨さが少し乖離しているように感じました。
おいしいですけど。

肉。味にアクセントがついていいです。
あと、かきたまがいい仕事しています。
食感にもバリエーションが出ておいしいです。

もう少し食べたかったので、しめにご飯をぶち込みました。
これもおいしい。

ぼくとしてはもう少し辛くてもよかったですが、おいしかったです。
ごちそうさまでした。

ブログランキング

ブログランキングサイト参加中。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)